緩和ケア


緩和ケアを否定する理由は全くありません。
緩和ケアは積極的に行うべきです。
たとえ末期がん患者でも、最期の瞬間まで幸福であってほしい、そう願わずにはいられません。

 


根治手術医の倫理